スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
博士の愛した数式
2006 / 02 / 06 ( Mon )
この間一緒に滑りに行った友達が、道具を揃えたいけど年1回くらいしか行かないからどうしようかなぁ、なんて言ってたんです。これ要らなくて邪魔だよどうしよう、ってのがあったら、あげて下さい。身長165センチ、足のサイズ26センチです!
話は変わって、先月末に『博士の愛した数式』を観ました!
登場人物たちが少しずつ心を通わせる様が、冬から春へと明るく暖かい季節へ変わりゆく映像によって表現されています。全体的に穏やかに流れていくので、温かく癒された気分になります。
ですが、穏やか過ぎていささか平坦過ぎる傾向がある気がしました。ポイントとなる筈の80分が曖昧で、切り替わる場面が殆どないことにちょっと不満★
でも、上映終了後に、会場にほんわかした幸せな空気が漂っている様でした(*^_^*)

博士の愛した数式
博士の愛した数式
寺尾聰 (2006/07/07)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


「きたろう映画日記」へ
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22 : 44 : 05 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
THE有頂天ホテル
2006 / 01 / 30 ( Mon )
21日のラッチの小海ツアーで、CAROさんに指導してもらいました~!!あたしのよくわかんない質問に首を傾げつつも、最後まできちんと教えてくれたCAROさん!ありがとうございました~またよろしくお願いしますo(^-^)o
この間、『THE有頂天ホテル』を観ました!
登場人物が変な人ばっかりで、結構笑えます♪でも、意外と長い!くすっと笑える小ネタ満載ですが、同じネタを繰り返しするのはどうも…真ん中らへんは飽きちゃいました。そのあたりははしょっていいんじゃないかなぁ。
大晦日から元旦にかけつのドタバタ喜劇なのに、公開を昨年末にしなかったのは何故でしょう?昨年末に観て、年が変わるから何もかももぅいっか、ってな軽いノリで新年を迎えたかったなぁ☆


「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22 : 42 : 32 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まだまだあぶない刑事
2005 / 10 / 31 ( Mon )
最近、メールとかブログに書き込みとかしていると、すぐに寝ちゃうんですよね★疲れてるのかな…しかも、書き込み途中で寝ちゃうから、朝になると部屋の電気はつけっぱなしだし、携帯の電池がなくなってて。またやっちゃったよ~って、自己嫌悪に陥ってます(;_;)
さてと、先週くらいかな、『まだまだあぶない刑事』を観ました!

これがですねぇ、睡眠時間2時間程度で、1日中出掛けてて、夜観たので、も~ぅ爆睡(>д<)
何とか頑張ろうとしたんですけど、静かになる度おちちゃった★
かなり寝ちゃったあたしからすると、いつも通りのドラマみたいで、何だか面白懐かしかったぁ♪
あたしはユージ派だったんです。小学生の頃、絶対ユージと結婚するって思ってた(笑)相変わらずかっこよかったです(*^_^*)


「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22 : 29 : 52 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この胸いっぱいの愛を
2005 / 10 / 25 ( Tue )
今朝出勤途中に、事故に遭いました★とまっているところに、相手が突っ込んできたんです。でも保険屋さんは、相手がメイン道路にいたから、判例によると9割方はあたしが悪いことになるとのこと★
何て不条理な!と憤慨。ちくしょうp(-_-メ)

気を取り直して、この間『この胸いっぱいの愛を』を観ました!

全っ然泣けなかったんですよ、これがまた★
無駄が多くって、盛り上がりかけてもすぐ冷めちゃうんです。人それぞれ重きを置くものが違うことをアピールしたいのかもしれないけれど、中途半端に描くならば、4パターンも必要ないです。気が逸れるだけ★
登場人物達が、不思議な状況をも簡単に理解して受け止めていたり、もとの世界に戻る気があまりなかったりと、みんなが軽くて何だかヘン★
種明かしのタイミングも悪いし。というより、はっきりした種明かしはいらないと思います。のっけから大体想像できるから(^_^;)
もっと情緒溢れる作品に仕上げて欲しかったかな★
でもまぁ、あたしも悔いのない人生を送らなきゃ、と思いました(^_^)v

この胸いっぱいの愛を
この胸いっぱいの愛を
伊藤英明 (2006/04/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22 : 28 : 00 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メゾン・ド・ヒミコ
2005 / 10 / 04 ( Tue )
遂にかけました、自分でパーマ!
前から自分でかけてみたいと思っていたので、道具は購入してあって、土曜日の深夜1時頃、よぉし今からかけちまおうじゃないかと思い立ち、終わったのは朝4時(;□;)!!
最初の一巻きは丁寧だったけれど、進むにつれてどんどん適当になっちゃいました★しかも、あたしが考えていたよりもずっとくるくるになっちゃって…妹にらいおんって言われたぁ(^^ゞ
でも、妹以外には誉められました♪まぁ、面と向かってヘンって言う人もいないか(^_^;)

さて、先週『メゾン・ド・ヒミコ』を観ました!

登場人物が個性的で面白いけれど、何だか疲れました(-.-;)
他人とは大きな相違があるため、自分にとっての真実見いだそうと懸命になっているホームの住人達。彼等の、自分は自分だと虚勢を張っている姿が、あたしの目にはやけに痛々しく映りました(-д-)
劇中で、『インチキ』という言葉が出てくるけれど、周囲からみて下らないとしても、彼等がそこで過ごした時間は本物であるし、自分をさらけ出せるかけがえのない場所であったのではないかと思いますo(^-^)o
どんなに強がっていたとしても、人間誰しもそういった場所が必要なんでしょうね(^_^)v
メゾン・ド・ヒミコ 通常版
メゾン・ド・ヒミコ 通常版
Osamu Kubota、細野晴臣 他 (2006/03/03)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22 : 14 : 09 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NANA
2005 / 09 / 17 ( Sat )
京都へやって来ました~!
まず、最初に行ったのが鈴虫寺!和尚さんの説法が、本当に面白くて、大笑いしちゃいました!
その後は、壬生寺・屯所跡・旧前川邸・光縁寺と、壬生狼の足跡を辿りました。司馬遼太郎の『燃えよ剣』と『新撰組血風録』が凄く好きなんです!時間がなくて、あんまりまわれなくて残念(;_;)
京都のおばんさいもたっぷり頂きました!オナカいっぱい(*^∇’*)
さて、この間『NANA』を観ました!
作中の曲をHYDE(ソロなので大文字)が作曲しているので、ファンとしては、チェックしないと(*^ー’)b
あれだけの長い原作なのに、綺麗にまとまっていました。でも、その分葛藤があんまりなく、あっさり終わった気がします。あたしは原作を読んだことがないので、よくわからないけど、物足りないかも★
夢を追いかけ続ける若人の姿を浮き彫りにした、前向きなストーリーになっています。
夢を抱く事は素敵だけど、目標を持たねば実現しないのだな、と思いました★現実はなかなか厳しいです(/o\)!


「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22 : 10 : 55 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
姑獲鳥の夏
2005 / 07 / 31 ( Sun )
今日はラッチのバーベキュー!暑かった~(-д-+)
管理人のおじさんに捕まって、1時間半くらい立ったまま話していたら、貧血を起こしかけましたo(>ε<)o
久々にみんなに会えたし、みんなも楽しそうにしていたので、参加して良かったなぁ、って思います(*^_^*)
さて、金曜日に『姑獲鳥の夏』を観ました!
最初は特徴のあるカメラワークが、不安定で不可思議な世界観を醸し出していて面白かったけど、観る側を混乱させるためか、いつまでもそういったシーンを入れすぎて、サスペンス色が薄れてしまっていて…伏線がはっきりしてなく、最後の謎解きが妙に説明的だった気がしますp(-_-メ)
でも、堤真一は相変わらずかっこよかった~(*^ー’)b

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション
姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション
堤真一 (2005/11/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 59 : 30 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
逆境ナイン
2005 / 07 / 25 ( Mon )
今日は、ちょっと疲れ気味だったので、クエン酸を飲みました。あたしが飲んでるのは、パウダー状の、水なしのもので、かなりすっぱい★
勢いよく飲んだら、半分くらい気管に入っちゃって。粉だから、もぅ痛いのなんのって(;_;)
その後、ずっと声がおかしいって言われてました(^^ゞ
先週の金曜日に『逆境ナイン』を観ました!

これがまぁ、とにかくアホでした☆想像以上にアホで、結構笑えた(o^-^o)
途中で少し飽きかけたけど、最後まで一貫してアホだったところに、好感を覚えました(^_^;)



「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 57 : 07 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
真夜中の弥次さん喜多さん
2005 / 05 / 22 ( Sun )
今日は『真夜中の弥次さん喜多さん』を観ました!

とにかくくだらない!最初は凄く面白かったけど、中盤から一気に下降★内容はシリアスだけど中途半端な笑いを含んだシーンが延々と続き、飽きて眠くなっちゃいました(-.-;)
笑えるけどちょっとほろりとくる話、っていうのでも目指していたんでしょうかねぇ?
最後まで完っ全にアホなだけの作品であって欲しかったなぁ(-д-)




「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

19 : 59 : 06 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阿修羅城の瞳
2005 / 05 / 06 ( Fri )
仕事中に会社の先輩にじっと見つめられて、猫っぽいよねって言われました★
顔がかなぁ、と思ってそう聞いたら、顔も中身も猫っぽいそうです。一人でねこじゃらしとかにじゃれてそうだねって(-.-;)
それって、何だかアブナイ人みたい…o(><;)(;><)o
今日は、『阿修羅城の瞳』を観ました!

最近流行りの現代色の強い時代劇の演出に、染五郎が以外とハマり役。でも、主役以外の演技に時代劇的重みがないため、ちょっとちぐはぐ★
奇抜なストーリー、華やかな衣装やセット等なかなか面白いのだけれど、全体的に締まりがない感じだし、ラストへラストへと繋げていこうとする一生懸命さが見え隠れして、ちょっと冷めちゃったかな(^_^;)
まぁ、あたしの言うことなんてあてにしない方がいいですよ★好みは人それぞれですからネ(^^ゞ
それでは。きたろうでした(=^∇^=)
阿修羅城の瞳
阿修羅城の瞳
市川染五郎 (2005/10/29)
松竹

この商品の詳細を見る

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

17 : 47 : 56 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ローレライ
2005 / 05 / 05 ( Thu )
今日でゴールデンウイークも終わりですね。有意義に過ごせましたかね?
あたしはバレーボールでできた両膝の青たんがま~だ治りません★あんなにがっつりやるとは思ってなかったからなぁ。ジャージに穴あいたし、筋肉痛になったし(;_;)
そのお陰か、山登りでは筋肉痛が出ませんでした。良かったo(^ヮ^)o
でも、徐々に治りが遅くなってきている様な気が…||||(;-_-)|||
話は変わりますが、先日やっとこさ、『ローレライ』を観ました。終戦間際の潜水艦乗り達の話です。

最終秘密兵器が出てくるんですけど、これがまぁ非科学的で。たとえ精度が高くてもあまりにも脆くて、ナチスが本気でこんなものを最終にして最強の兵器としていただなんて、いくらフィクションでも非現実的過ぎますねぇ(^_^;)
当時のタブーも無視しているし、それに至る経緯も曖昧なまま。
しかも、ラストが…★武士道、大人の責任、次代への思い、生への執着、それに対する寛容など泣き所満載で、そのまま終わってくれれば良かったのに、あのラストだとアラが露呈してしまって感動も半減(>_<)
でもまぁ、面白かったと思います!かなり泣けたし(*^ー’)b
あたしの勝手な感想なので、あまり影響を受けないで下さいね~。
それでは。きたろうでした(=^∇^=)
ローレライ
ローレライ
役所広司 (2006/07/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

17 : 33 : 18 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。