スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アンジェラ
2006 / 05 / 29 ( Mon )
『アンジェラ』を観ました!
華やかなイメージのパリを白黒で撮って独特の雰囲気が醸し出されたラブファンタジー。
最初は退屈、中盤は上り調子、ラストは本当にこれで終わる気?といった感じ。設定もあんまりあたし好みじゃないし。心が綺麗ならば、何をやっても許され救われるってのが…うーん★
アンジェラ役のリー・ラスムッセンが綺麗で可愛い!手足がとにかく長くて羨ましいです(*^_^*)


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 54 : 51 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リバティーン
2006 / 05 / 29 ( Mon )
先週や~っと山梨で上映となりました、『リバティーン』!約1ヵ月半、長かった~(涙)早速初日に観ました!
17世紀イギリス、風刺に富んだ卑猥な詩を書き、梅毒で命を落とした二代目ロチェスター伯爵の半生。
全体的に当時のイギリスらしい薄暗くじめじめと臭そうな背景の中、ダークな色気を纏って輝くロチェスター伯爵ことジョニー様。下品で卑猥なのに、彼が演じると日常のさり気ないものにみえる所が流石!一連の動作が心の動きに沿っているからかな。晩年はより一層色気が…。病人なのになぁ。
ロチェスター伯爵のことはこの映画でしか知らないけれど、感受性が豊かで寂しがり屋で臆病な人だったのかなと思います。嫌われるのを恐れて自らの手で壊そうとしている様に見えました。わざと大事な物を作らない様にしている感じ。だから、大事な人ができてもどうしたら良いのかわからない不器用さも。
そのギャップが、女性達の心を掴んで離さないんでしょうか。破滅的に生きる彼をみんなが放っておけなかったのかな(=^∇^=)


にほんブログ村 映画ブログ
「きたろう映画日記」へ  「Team Latti」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 50 : 21 | 映画(外国) | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ナイロビの蜂
2006 / 05 / 28 ( Sun )
日本公開前にバリ行きの飛行機で流れてて小躍りして喜んだのに、日本語吹き替えのみでがっくり。最初の10分くらいでイメージと合わなかったので観るのを止め、日本に戻ってから友達を引っ張って映画館へ。せっかくレイチェルがアカデミー賞助演女優賞に輝いたのに、吹き替えだと勿体無いですよねぇ。
沢山の飢え病んだ人々を救おうと奔走する妻テッサ。彼女の死の真相を調べることで地位も権利も奪われながらも、最期まで愛しい妻の足跡を辿り犯人を糾弾する夫ジャスティン。
灼熱の太陽が照りつける広大な赤茶けた大地に、陰謀が明らかになるにつれて揺らめく蜃気楼の様に浮かび上がるテッサの愛。
彼等が暴こうとする犯罪は国家レベルのものなのに、情報が漏れすぎのきらいがありますが、お国柄仕方ないかなと許せる範囲でした。海外で貧困層を目の当たりにしてきたばかりだったので、やけに身近に感じられた様な気がします。もっともっと酷い場所もあるのでしょうけど。
あたし自身を筆頭に世界中の人々に彼等の様な強さがあれば、何人の人が救われるだろうかと思う反面、競争社会だからこそ経済的に発展するのだといういやらしい考えがちらっと脳裏を掠めました。やっぱりあたしは経済社会に生きる偽善者です★
でも、病める地を救おうとするテッサもボランティアの域を出なかった所が残念。もっとどっぷり浸かって欲しかったかも(^_^;)

にほんブログ村 映画ブログ
「きたろう映画日記」へ  「Team Latti」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

16 : 12 : 31 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アイスエイジ2
2006 / 05 / 26 ( Fri )
この間友達の結婚式がありました♪前日まで雨の予報でしたが、当日は快晴!本当に良かった~花嫁姿も綺麗で素敵でしたo(^-^)o
『アイスエイジ2』を観ました!
前作は観てないんですけど、話は続いていないので気になりませんでした。
とにかく笑いに包まれた愛と友情と勇気のお話。心が晴れ晴れしてきます。キャラクターも可愛いだけでなく、結構毒舌。でも動物だから差別問題にならないかな。
前作も面白いときいたので、観てみようと思います(*^_^*)

にほんブログ村 映画ブログ
「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

16 : 03 : 22 | 映画(外国) | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
Vフォー・ヴェンデッタ
2006 / 05 / 22 ( Mon )
こちらも旅行前に観ました、『Vフォー・ヴェンデッタ』!
監視カメラで管理されているファシズム国家に対して反逆行為を仕掛ける仮面の男“V”。その行為は全て私怨に基づくものですが、その方が綺麗事を並べるよりもずっと身近に感じられるし、話に入りやすいかも。復讐することでしか自分の存在意義を見いだせない“V”と、彼の声をきっかけに立ち上がる多くの人々。出会い歩み寄る毎に互いに劇的に変化する姿が、当時の世相を反映しているかの様でした。
“V”を演じたヒューゴ・ウィーヴィングが何だかとってもセクシー。仮面で表情が見えないのに、惹きつけられます。やっぱり演技が上手だってことでしょうか。
話題のスキンヘッドになったナタリー・ポートマンの体当たり演技にも拍手。綺麗な人はどんな髪型でも綺麗!
このシーンでは、あんな形でしか自分自身を伝える術を知らない主人公の心の深淵を垣間見て悲しくなると同時に、理解してくれる人がいる喜びも共に感じました。うーん、これはちょっとネタバレかも(^_^;)

「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

23 : 10 : 47 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
トム・ヤム・クン!
2006 / 05 / 22 ( Mon )
旅行に行く前に『トム・ヤム・クン!』を観ました!
安全の為のワイヤーは使えども、CGは一切なし。思わず「えっ!」と声が出そうなアクションにどっぷり浸かれます。好きな人にはたまらない。あたしもしっかり楽しみました。全て寸止めでしょうけれども、重みがまるで違う。トニー・ジャーの身体能力の高さに再び驚嘆。筋肉がもう凄いです!
ストーリーは至ってシンプルですが、要所要所で凝っていてちょっとびっくり。犯罪も闘う相手も『マッハ!』よりもグローバル化。どんなに強い相手でも怯まず突き進み、ラストではちょっとしんみり。
見間違えでなければ、ジャッキー・チェンがカメオ出演していて、結構笑えます(^_^)v

「きたろう映画日記」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

23 : 02 : 41 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。