スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
DEATH NOTE
2006 / 06 / 30 ( Fri )
先週『DEATH NOTE』を観ました!
オープニングから少しして何だか訳のわからないものがババーンと目に飛び込んできて、はぁびっくり★死神さんなんだそうな。これは笑うところなのか否か悩みました。いくら原作が漫画だからといって何てアニメちっくな…。まるで教育テレビのお兄さんとアシスタントのアニメキャラみたい。のっけから脱力したあたしなのでした。
完全悪の筈のノートに何故注意書があるのかが不思議。混沌とした世界を造り上げたいのならば、ノートの持ち主に勝手にやらせたらいいんじゃないですかね。説明役の死神がついて回ってるんだから。
それに、死神は日本語で話しているのに注意書きは英語。精神世界のレベルで直接意識に働きかけるのならば、文字は脳裏にイメージとして浮かぶんじゃないのかな。一貫性がないというか格好つけてるというか…。
主人公が正義感の塊って設定の割に、いくら相手が犯罪者とはいえ殺人に対する葛藤を描かないのもねぇ。あの程度で自身を神と思い込むまでの時間の短さといったら!
後編が秋に公開になるそうで、それでどう巻き返してくるかですね。原作は連載中みたいだし、はてさてどう終わらせるか。人類滅亡とか、世界中の人がノートを持ち誰も信じられなくてお互いに牽制しあう世の中になるとかでしょうか??
いずれにせよ、子供がこの世界を当たり前のものと思い込まないことを祈ります★
スポンサーサイト
12 : 09 : 11 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
デイジー
2006 / 06 / 23 ( Fri )
『デイジー』を観ました!
夢見る早とちり女ヘヨンと、彼女に想いを寄せる運命の男パクウィと、運命の男になりすましヘヨンの愛を得ようとする狡い男ジョンウの、何ともアホ臭い三角関係。
とにかくパクウィが気持ち悪い。立場上近づけないとか見守るとか、そんなのはびびってるのをごまかしているだけで、どうみてもただのストーカー!!
ヘヨンも、運命の人だとわかった瞬間態度がころっと変わって、古風で清純どころか非常に強か。
いくらジョンウが刑事だといっても、そんなに頻繁に銃撃戦って起こらないだろうし、プロが撃った弾道を見切るヘヨンって一体何者??そもそも何故舞台がオランダなのかも謎。
挙げたらキリがないくらいにツッコミどころ満載の不思議な作品でした。隣に座っていたオバサマは泣いてらしてたけど。
『インファナル・アフェア』は良かったのに、アンドリュー・ラウ監督どうしちゃったのかな(;_;)
あたしの行った劇場では今日で最終なのに、結構人が入っていてびっくり。しかもほぼ全員お母さん世代の方ばっかりでした(笑)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

07 : 36 : 54 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ポセイドン
2006 / 06 / 23 ( Fri )
先日『ポセイドン』を観ました!
72年の『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクですが、オリジナルと同じなのは背景のみでストーリーもキャラクターも一新したとのこと。
オープニングで船内部から外観全体へと流れる様にみせ、船が広いことをアピール。広いことで現在地が把握しづらくなるけれども、行けども行けども辿り着かない焦燥感を煽るのには一役買ってた様な…捉え方次第ってことかな。
それにしても強いぞ、一般人!何の躊躇いもなく突き進んでいて、普通ならこんな状況で即座に正確な判断なんかできないと思うんですけどねぇ。まぁそこは、リーダー格の2人がギャンブラー兼船の設計士兼元軍人&元市長兼元消防士って不思議な設定で苦しいフォロー入れてます。
思いの外短い作品で、キャラクターの人生模様は描かれず、専ら逃げ惑うのみ。広い船内で徐々に行き場を無くす恐怖だけを全面に押し出しています。わーっと始まってわーっと終わって何も残らない感じ。
カナヅチで高い所が苦手なあたしは、演技につられて知らないうちに息を止めていたりして、かなり疲れちゃいました(^_^;)
07 : 35 : 35 | 映画(外国) | コメント(0) | page top↑
インサイド・マン
2006 / 06 / 22 ( Thu )
先々週『インサイド・マン』を観ました!
公開初日だったのに、あんまり混んでなかったです。注目作品の筈なのになぁ(-.-)
ストーリーが2転3転し、テンポよく惑わされます。さっすがスパイク・リー!
最初はただの銀行強盗だったのが、微妙にヒントをちらつかせ始めて、随所に犯罪の匂いを散りばめ、最後はどでかい締めくくり。ラストはあまりにスケールが大きくって、逆に拍子抜けしちゃったかも。
でもこれまでの作品同様、奇抜ながらもちゃらちゃらしてないところがいいデスね。登場人物も、メインからちょい役まで色々な人種が集まり、みんなクセのあるただのイイ人じゃないところが、何でもアリのN.Y.を強調しているかの様です。(N.Y.に対するあたしの勝手なイメージです)
キャストは名優がいっぱいで豪華!!ちょっと前から思ってたんですけど、クライブ・オーウェンってヒーローよりもアタマの切れる悪人の方が似合うかも~(^_^)v

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

07 : 34 : 54 | 映画(外国) | コメント(0) | page top↑
花よりもなほ
2006 / 06 / 16 ( Fri )
先週『花よりもなほ』を観ました!
日本からサムライが静かに消えゆく様を表しているかの様でした。新しい世代の幕開けというか。でも、本当は忠臣蔵みたいな出来事の方が稀で、それ以外のお侍さんって大体こんな感じだったのではないかな、と思います。勝手な想像ですけど。
全体的にほのぼのしていてコミカル。平和的で争いごとを嫌う部分やのほほんと月日が流れていく様等、現代に通じるものを感じます。連鎖的に起こる復讐を断つだけでなく、相手を受け入れるシーンは好感度大です(*^ー’)b

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

07 : 33 : 22 | 映画(外国) | コメント(0) | page top↑
トランスポーター2
2006 / 06 / 14 ( Wed )
先日『トランスポーター2』を観ました!
公開初日だったにも関わらずガラガラ…ダ・ヴィンチにとられちゃったのかな。ちょっと切ない★
前作に引き続き、アクションがこれまたまぁスッゴいです。最後らへんのCGの質の悪さには、思わず苦笑いしちゃいましたけど。
ジェイソン・ステイサムの均等についた筋肉がステキ~。流石元水泳の飛び込み選手!
でも、ストーリーはおかしな所が多くってイマイチ★リスクが大き過ぎる上にツメの甘い犯罪。もっと確実に結果を得られる方法なんかいくらでもあるのになぁ。奇をてらったんでしょうけど。
取引の鍵となるものの運搬後、どうやって取り出すのかも不明。精製するには時間が掛かるし、変質する可能性だってあるし、何より運搬者の生命に関わるのに。不思議な所がわんさかでした★

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

07 : 28 : 16 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダ・ヴィンチ・コード
2006 / 06 / 09 ( Fri )
『ダ・ヴィンチ・コード』を観ました!
サスペンス部分は面白いのに、ミステリー部分が何だか物足りないです★最後にまとめてばたばた~っと終わってしまう感じ。あたしは原作読んでないんですけど、たまたまちょろっと知識があったので新しい見解が見いだせずに、ミステリー解析部分で眠くなってしまいました。
それにしても、やっぱりポール・ベダニーが…!役柄上色素を薄くしてるのでより一層怖いです。
他にもイアンやらオドレイやらジャンやら好きな役者さんがいっぱいで、それだけでうきうきでしたo(^ヮ^)o


にほんブログ村 映画ブログ
「きたろう映画日記」へ  「Team Latti」へ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 34 : 03 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夢駆ける馬ドリーマー
2006 / 06 / 09 ( Fri )
『夢駆ける馬ドリーマー』を観ました!
最初は馬版『シービスケット』かな~と思いつつ入ってみると、一見子供の意志を尊重する親のほのぼのストーリーと見せかけて、実は大人達の諦めた夢を叶えてあげたいがために一生懸命になるいじらしい子供の姿を描いている心温まる作品です。最後まで初夏の風の様に爽やかでした。
登場人物の一人一人が浮き彫りにされているところに好感。精神的・金銭的に夫と娘を支える妻の後押しが凄いです。いくら愛しているといっても、そこまで許せるのか?と疑問を感じます。
とってもピュアで素敵なストーリーだけど、綺麗過ぎてあまりリアリティはなし。こうであって欲しいという願いが込められているのかな(^^ゞ

にほんブログ村 映画ブログ
「きたろう映画日記」へ  「Team Latti」へ

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

20 : 30 : 04 | 映画(外国) | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
ピンクパンサー
2006 / 06 / 09 ( Fri )
先々週くらいに『ピンクパンサー』を観ました!
クルーゾー警部が大活躍する名作コメディが43年を経て復活!
ピーター・セラーズに替わってクルーゾー警部を演じたスティーブ・マーティン。やけにまつげがくるんとしていてカワイイです。あまりにもアホ度が強くて最初はついていけるか心配でしたが、すぐに慣れてそれからはずーっとにやにやしっぱなしのあたしでした。
相棒役のジャン・レノは、台詞は少ないのですが、クルーゾー警部と行動を共にする役所。あのジャン・レノがこんなことやっちゃっていいの!?ってな場面もアリ。新たな一面をみたかも(o`∀´o)

にほんブログ村 映画ブログ
「きたろう映画日記」へ  「Team Latti」へ

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

20 : 25 : 43 | 映画(外国) | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
グッドナイト&グッドラック
2006 / 06 / 01 ( Thu )
先日『グッドナイト&グッドラック』を観ました!
1950年代、マッカーシー上院議員による赤狩りの暴挙に、真っ向から立ち向かった実在のニュースキャスターのお話。
白黒なのに生き生きとして鮮やか!まるでドキュメンタリーを観ているかの様でした。うーんやるなぁ、ジョージ・クルーニー(^_^)v
難しいテーマだけど、テンポ良く進んで飽きさせない。あっと言う間に過ぎていきます。どちらの味方でもなく、中立な目線で事実を報じる主人公エド・マローに共感。
そしてマローを演じたデヴィット・ストラザーンが渋いのなんのって。淡々とした中、不意に内なる情熱が見えたと思ったら、びびっているのをごまかしているかの様な雰囲気を醸し出したり。ほぼニュースを読んでいる姿なのになぁ。色々な表情をしていた気がします(o`∀´o)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 56 : 20 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。