スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Xメン ファイナルディシ
2006 / 09 / 27 ( Wed )
『Xメン ファイナルディシジョン』を観ました!
2000年に公開されたXメンの3作目で完結編。1作目よりもミュータントの数が圧倒的に増えていますね。能力も各個人で異なっていて、それぞれ悩みも違う。ミュータントであることに誇りを持つ者、嘆く者。
今回はミュータントの遺伝子を抑制し、普通の人間に戻れる新薬が開発されるのです。ミュータントの存続の危機。あるがままの自分でいるべきか、社会的立場を得るために自分の一部を捨てるか。各々に迫り来る決断の時。
1作目と2作目では、人間と共存したいXメン側と人間を支配したい側とのミュータント同士の戦いに人間が巻き込まれるイメージだったけど、今作品では人間もがXメンの敵となっていました。
悩めるミュータントを救う為に薬を開発したという名目だけれど、とても偽善的にきこえます。ただ差別や偏見、そして恐れのもとにミュータントを支配し、常に地球上で優位な立場にいたいだけだったのでは。
サイクロップス役のジェームズ・マーティンに続き、ミスティーク役のレベッカ・ローミン=ステイモスも素顔を見せていて、最後なんだなぁ、と思いました。レベッカは相変わらず綺麗!
最後の方である人物が、『私は何て事をしてしまったんだ』と呟いたのが面白い。逆の立場になってみないと相手の気持ちがわからない人間の愚かさを皮肉っている様でした。
それにしても、特効薬ってあんなにあっさり出来ちゃうもんですかねぇ。しかも実験してないみたいなのに、いきなり成功してるし、副作用に対する懸念のかけらもないし。ちょっと不思議でした。
《9月10日鑑賞》
スポンサーサイト
01 : 46 : 34 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<グエムル 漢江の怪物 | ホーム | マイアミ・バイス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitaroblog.blog67.fc2.com/tb.php/102-8b585fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。