FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
グエムル 漢江の怪物
2006 / 10 / 02 ( Mon )
『グエムル 漢江の怪物』を観ました!
韓国映画初の怪物映画だそうです。
実際に起きた米軍による漢江への毒物汚染事件をベースに、その事件が原因として怪物グエムルが生まれたという設定。その怪物に捕らわれた娘を救うべく奔走する家族のお話。
とってもシリアスなシーンなのに、ドロップキックが炸裂したり、みんなでのたうちまわって号泣したり、真面目なお説教な筈がピントがずれてたり、作戦なしにとにかく突っ込んでいって逆に追いかけられたり、何だかコントみたいで可笑しい。古臭い演技にも笑いが込み上げてきます。
娘救出作戦に奮闘する状況にも関わらず、睡眠や食事を忘れない。怪物と戦うのがまるで日常の出来事であるかの様な不思議な空間がそこには生まれています。誰一人としてヒーローではないし、日々の生活の一環みたい。
この作品にとっての謎の怪物の存在意義とは、すぐに介入してくるアメリカに対して皮肉る為のきっかけなのではないかと思います。ユーモアを交えてごまかしてはいるけれど、全体的に反米色が強いんですよね。ちょっと心配になっちゃいました。
《9月14日鑑賞》
スポンサーサイト
00 : 39 : 42 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パイレーツ・オブ・カリビアン | ホーム | Xメン ファイナルディシ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitaroblog.blog67.fc2.com/tb.php/103-628d7c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。