スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
フラガール
2006 / 10 / 22 ( Sun )
『フラガール』を観ました!
昭和40年、閉鎖が迫る炭坑の町、福島県いわき市が舞台。町おこしとして「常磐ハワイアンセンター」を建設。目玉の炭坑娘によるフラダンスショーを完全させるべく奔走する人々。実話がベースです。
夢とか、現状を抜け出したいとか、家族が食べていくためとか、フラガール達がダンスを始めた理由は様々ですが、一生懸命練習するうちにみんなが目指すところが同じになり、その強い想いに拒絶していた人々も心を動かされ、協力していく。
気分を削ぐ余計な計算高さがなく、フラガール達と先生の真っ直ぐな気持ちがどかんと直接ぶつかってきます。「夢を叶えるにはやっぱり頑張らなきゃ!一緒に立ち上がろうよ!」といったメッセージではなく、「見て見て、私達頑張ってこんなに上手くなったよ!」という感じ。押し付けがましい感動ではない為、すんなりと素直に受け入れられ、共感できます。
終始明るく楽しい上に、数々のドラマがあって涙なしには観られない。しかしその涙は可哀想とかつらいとかマイナスの方向ではなく、どこまでも爽やか。とってもとってもとっても素敵な作品でした。
《10月13日鑑賞》
スポンサーサイト
05 : 30 : 25 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ザ・センチネル | ホーム | ワールド・トレード・センター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitaroblog.blog67.fc2.com/tb.php/110-ee05a346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。