スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
王の男
2007 / 02 / 07 ( Wed )
『王の男』を観ました!
韓国の狂王ヨンサンと彼の狂気のもととなった美しい男性の芸人コンギルのお話。韓国映画が同性愛を取り上げた衝撃作。
予告でびっくりしました。確か韓国映画って同性愛はタブーじゃなかったっけ。(←違ってたらすみません)なかなか度胸あるなぁ、って思いました。いつも同じ様なコテコテラブ話ばっかりじゃなくって、こういうのをいっぱい撮って欲しいです。
ストーリーは、コンギルがヨンサンをたぶらかし、破滅への一途を辿らせるのかと思いきや、勝手にヨンサンがコンギルにお熱を上げておかしくなっていってて。心理戦でのしあがっていくんじゃないんだ、とちょっと拍子抜け。
女性よりも美しいと言われたコンギル役のイ・ジュンギ。予告では何とも感じなかったのに、段々と女性らしく見えてくるから不思議。女性らしい演技を学んだのだろうけど、笑顔とか仕草とかがたまに可愛い~って思えたりもしました。
ヨンサンとのこともだけど、それ以上にコンギルの男友達チャンセンとの関係の方が気になりました。チャンセンのコンギルに対する半端じゃない執着ぶり。幼馴染みとか兄弟同然に育ったとか背景は色々あるだろうけど、そこに男の友情以上のものが本当になかったのか??詳細が語られていないから、余計にそう思っちゃいます。コンギルもチャンセンのことを頼りきってるし。
全体を通して、それだけ?感は否めませんが、まぁ韓国映画だし過激過ぎる表現はNGだろうし。ここで終わらず、もっと韓国映画の幅が拡がって、色々な作品が観られる様になるといいなぁ♪
《1月20日鑑賞》
スポンサーサイト
04 : 44 : 27 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<敬愛なるベートーヴェン | ホーム | 幸福のスイッチ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitaroblog.blog67.fc2.com/tb.php/144-c7773345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。