スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
マリー・アントワネット
2007 / 02 / 19 ( Mon )
『マリー・アントワネット』を観ました!
世界中で知らない人はいないだろうというくらい有名な彼女。たった14歳でフランス王室に嫁ぎ、18歳でフランス王妃に即位。激動の時代に波瀾に富んだ人生を送った彼女は何を思っていたのか。それをソフィア・コッポラ監督の、女性特有の目線で描かれることを期待していたのですが…。
一見絢爛豪華でしっかりした造りの様だけど、観進めていくとやけにポップでチープでキッチュ。綿菓子みたいにふわふわして脆い、仮初めの世界。何でかな、実在の人物なのに架空の物語みたい。
結婚式の時の署名のインクの染みや、第2子の死などの逸話もちゃんと取り入れているのにさら~っと流してあって、知らない人はわからないし観逃しちゃうよね、とあたしとあやちゃん。
ラストも中途半端であれれっ、終わっちゃったって感じです。
アントワネット役のキルスティン・ダンストは、今まで演技は上手だけど全く魅力を感じなかったんです。でも今回初めて、この子カワイイわぁって思いました。誰もが惹かれてしまうアントワネットの天真爛漫な魅力。コッポラ監督が描きたかったのはこれだけとか…??
《1月26日鑑賞》
スポンサーサイト
06 : 20 : 15 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<幸福な食卓 | ホーム | ディパーテッド>>
コメント
----

ここからアントワネットの最後をどう描くのかなぁ~なんて思ってたらあれ?!って感じだったね(;□;)!! 
当時は本当にああいうヘアスタイルが流行だったり主流だったと思うと現在から考えると不思議な感じ。
ヴェルサイユ宮殿★行ってみたいな(=^∇^=)
by: あや * 2007/02/19 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

>あやちゃん
きっと当時の人達があたし達の事を見ても同じように不思議に思うんだろうね(笑)ヴェルサイユ宮殿、あたしも行ってみたい!今度旅行でもしようよv-48
by: きたろう * 2007/02/20 12:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitaroblog.blog67.fc2.com/tb.php/148-34c3a7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。