スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
この胸いっぱいの愛を
2005 / 10 / 25 ( Tue )
今朝出勤途中に、事故に遭いました★とまっているところに、相手が突っ込んできたんです。でも保険屋さんは、相手がメイン道路にいたから、判例によると9割方はあたしが悪いことになるとのこと★
何て不条理な!と憤慨。ちくしょうp(-_-メ)

気を取り直して、この間『この胸いっぱいの愛を』を観ました!

全っ然泣けなかったんですよ、これがまた★
無駄が多くって、盛り上がりかけてもすぐ冷めちゃうんです。人それぞれ重きを置くものが違うことをアピールしたいのかもしれないけれど、中途半端に描くならば、4パターンも必要ないです。気が逸れるだけ★
登場人物達が、不思議な状況をも簡単に理解して受け止めていたり、もとの世界に戻る気があまりなかったりと、みんなが軽くて何だかヘン★
種明かしのタイミングも悪いし。というより、はっきりした種明かしはいらないと思います。のっけから大体想像できるから(^_^;)
もっと情緒溢れる作品に仕上げて欲しかったかな★
でもまぁ、あたしも悔いのない人生を送らなきゃ、と思いました(^_^)v

この胸いっぱいの愛を
この胸いっぱいの愛を
伊藤英明 (2006/04/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


「きたろう映画日記」へ
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22 : 28 : 00 | 映画(日本) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まだまだあぶない刑事 | ホーム | ステルス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitaroblog.blog67.fc2.com/tb.php/41-5925feb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。