スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ゲド戦記
2006 / 08 / 16 ( Wed )
『ゲド戦記』を観ました!
巨匠宮崎駿の長男宮崎吾郎の初監督作。ジブリも世襲制なのか!?とびっくり。
製作でお父上が関わっているので、きっといい作品ができただろうね~、と軽く期待していたあたし達。
きちんとテーマにそって作られています。ですが、それに付随するお話が語られないまま終わっちゃう。大体想像はできるけど、ちゃんと説明がないとダメなことってありますよね。ファンタジーの世界って伝説とか伝承が作品の要となると場合が多いと思うんです。それを把握しているか否かによって捉え方も微妙に異なってくるし。投げかけたことに対してそのまま終わってしまうことも。
そういった必要なことは言葉少ななのに、あたしからみると無駄と思われるシーンもあって。ちょっとネタバレになっちゃうけど、テルーが歌うシーンがあるんです。心を通わせるきっかけとなる重要なシーンとなるんですけど、1曲まるまる歌うんですよね。感動的な筈が、歌の宣伝か!?と思って凄いひいちゃった。そんな時間があったらもっと伝えることがあるでしょ、って感じ。
全体的にジブリの他作品と場面場面が似ています。1ヶ所ロード・オブ・ザ・リングのガンダルフの登場シーンを彷彿とさせるところもあって、笑っちゃった。
それにしても、『ゲド戦記』。ここからもちょっとネタバレ気味です。ゲドは人名ですが、ゲドあんまり戦ってないんですよね。作品のテーマは戦いではないし、ストーリーの中心はゲドから見たアレンの自分の心の闇との戦いだから、題名変えた方がいいんじゃないかと。ゲドが戦うべき相手は人や魔女ではなく、崩れ行く世界の均衡を目前としてともすれば力に溺れがちな自分自身なのであるけれども、それはほぼ描かれていないから。ゲドは最初から最後まで、自分が歩んでいる道に対して躊躇いの影すら見せてません。
最近おかしな犯罪が多いですよね。そんな世の中に対する、『生きることは尊いこと』『己の命を粗末に扱うから他人の命をも軽々しく奪える』、というメッセージを感じました。監督の目指す場所はやっぱりジブリなのかな、と思ってちょっと安心したあたしなのでした(=^∇^=)
《8月3日鑑賞》
スポンサーサイト
02 : 21 : 37 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<『太陽にお願い』(『トム | ホーム | ハイジ>>
コメント
----

やっぱし考えさせるような内容なのね・・・。この前本屋にいったらゲド戦記あったからよんで見ようと思ったんだけど・・・Ⅰがなくて・・あきらめました(^^)
細かい部分はともかく・・・やっぱり宮崎映画なんだね!!
by: あや * 2006/08/19 21:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

映画は3と4を基に作っているみたいだよ。原作読んでみたいね!どんな感じなのかな??
by: きた * 2006/08/23 12:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

じゃぁいつになるか分からないけど読んでみるね!!!
by: あや * 2006/08/24 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitaroblog.blog67.fc2.com/tb.php/92-30909113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。