スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
明日の記憶
2006 / 09 / 15 ( Fri )
『明日の記憶』を観ました!
前回書き込んだ『カーテンコール』と2本立てでしたので、観終わったのは0時半近かったです。お客さんも少なくて快適でした♪
世界の渡辺謙がアルツハイマー病になってしまった夫を熱演。その彼を支える妻。
一番最初のシーンで全てを察することができてしまい、のっけから暗い気分になってしまいました。どんなにどんなに感動的な場面でも無駄な足掻きに見えてしまうんです。そのシーンの印象が強過ぎて、“残された僅かな時間”ばかりを意識してしまって…。あたしの中にはゆっくりと生ける屍となってゆく恐怖しか残りませんでした。
しかも奥さんのあんなに穏やかな表情を最初に目にしたためか、つらい目にあっても何れ終わりがくるのを分かっているかの様に思えてしまい、彼女の愛の深さを素直に受け入れる事が出来ませんでした。もっと純粋な気持ちで観たかったなぁ。
それにしても、『メメント』以来記憶系の作品が一気に増えた気がします。どの作品を観ても共通して感じるのは、自分というものを形どる為の生きてきた軌跡がないのはどんなに恐ろしいかという事。永遠に留めておけなくても、今を大切に過ごさなければなぁ、と思います。
《9月1日鑑賞》
スポンサーサイト
02 : 24 : 17 | 映画(外国) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゆれる | ホーム | カーテンコール>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitaroblog.blog67.fc2.com/tb.php/99-1bf730a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。